活動レポート:ブログ



幹の落下スピードを操る

ロアリングプロフェッショナル 講習会のご報告

いつもこのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

講習会のご報告がしばらくご無沙汰になってしまい、申し訳ありませんでした。

今日は「ロアリングプロフェッショナル」講習会の様子をアップします。

 

「ロアリング」の言葉も聞きなれないと思いますので、まずはそのご説明から。地球には「重力」が働いています。ロープに吊るした幹は勢いよく地面に向かって落ちていきます。100kgの丸太を地上20mから落下させると、地面に衝突する直前のスピードは時速72km。地面にめり込む衝撃力は1980kgm/s。屋根などの建造物にこの丸太が当たったら、、、この落下衝撃力を減少させていく技術がロアリングになります。英語で書くと(Lowering)。Low (抑える)のing(現在進行形)です。

樹上から重い材を「安全に降ろす」ために、ロープを使ったロアリング技術(落下制動技術)をマスターしましょう!

 

具体的には、筒状になった金属にロープを巻き付け、そこに生まれる「摩擦抵抗力」を利用して落下を制動していきます。言葉では簡単ですが経験者の方はお分かりの通り、このロアリング技術、一筋縄でいきません。

 

落下制動が早いと丸太が幹にぶつかってクライマーが揺れます。

落下制動が遅いと下の建造物を壊してしまいます。

 

したがって丸太の落下直後から制動が始まり、徐々にその制動力が大きくなり、最後には「スーピタッ」、と丸太が止まるのが理想です。

 

この制動技術は

①金属筒にロープを巻く回数と

②ロープの握り具合の

両方がポイントになります。

 

前回の改善点を生かしたいのですが、断幹作業は毎回切り取る丸太の重さが変わってしまうのと、落下距離も短くなるので全く同じ条件で練習できません。残念!

 

そこで、同じ条件で何回も何回も練習できる装置を開発しました!!!

この学習システムに対して特許も習得できました!!!

 

160kgの丸太を使って同じ条件で練習できるので、参加者の皆さんは様々な実験をします。

ポータラップの巻き数を変えてみたり、

FTCのボラードを使ってみたり、

同じ巻き数でもポータラップのサイズを変えてみたり、等

 

ああやったらどうだろう?

こうやってみたら?

 

仮説

その根拠

実験

検証

 

このサイクルを繰り返して参加者同士でアイデアを出し合い、チームの力で答えを導いていく。

その過程を見ている私もワクワクしてきました!!!

回を重ねるごとにみるみる上手になっていき、初心者の方でも2日目の午後には理想的ロワーリング「スーピタッ」を習得していただきました!!!

このブログを読んでくださっている皆さんにも、安全なロアリング技術を習得して、

 

クライマーが揺れない、

グランドワーカーが火傷しない、

構造物を壊さない、

 

こんな安全作業に繋がってほしいです。

次回の講座は7月15日.16日 長野県伊那市にて開催します。只今参加者募集中です!

 


信州の冬名物

続きを読む

人工アンカー

続きを読む

特殊伐採・ウッドタワー工法の株式会社マルイチ|新潟・長野・八王子