「特殊伐採学習システム」の特許を取得しております

株式会社マルイチの主催・後援による講習会・研修会の案内やレポート記事




申込み専用メールフォームへ


2019年度の講習会スケジュール

A4用紙1枚にまとまった年間スケジュールがダウンロードして頂けます。ぜひプリントアウトして頂き、デスク周辺の目に付く場所に貼り出しておいてください。よろしくお願いいたします。

 

ダウンロード
2019 マルイチ 講習会 年間スケジュール.pdf
PDFファイル 203.2 KB


マルイチ現場のノウハウを、「自分の技」にしませんか。

 みなさん、こんにちは。㈱マルイチの藤原祥雄と申します。私は現場作業員をしながら、林業技術をお伝えする講師業の仕事をさせてもらって20年になります。その経験から講師の仕事は「教える」ことではなく「理解してもらう」ことだと思っています。理解とは「講師がいなくても上手く出来る」とことです。私は自分の失敗からこのことを学びました。昔の私はひたすら「上手くできる方法」を教えていたのです。失敗しそうになると直ぐに手を差し伸べ、成功へと導いていました。でも、皆さんもこんな経験をしたことがありませんか?「講座中は講師が懇切丁寧に教えてくれるのでその場ではうまくできた。その後、自分のフィールドで同じようにやったら上手くいかなかった」

 

皆さんもご承知の通り、木は樹高、重心、枝張り等、11本の条件が全て違います。ですから、前回成功した方法を真似ても今回成功するとは限らないのです。逆に前回失敗した方法をそのまま取り入れた方が成功することもあります。つまり、「やり方」だけを習得しても本当に理解したことにならず、上達に繋がらないのです。

 

大切なのは「やり方」ではなく、それぞれの作業の「本質」を理解することだと思います。この動作の意味するところ、成功した要因、失敗した理由をお客様に真剣に考えてもらう。そこから自分の力でやり方を組み立ててもらう。このサイクルを繰り返していくと「講師がいなくても上手く出来る」ようになります。そのお手伝いをすることが講師の仕事だと思っています。

 

講師がお客様の潜在能力を引き出すような教え方をする。そこから新しいアイデアが生まれ、そのアイデアがさらに素晴らしいアイデアのヒントになる。人間の可能性は無限であることを実感する時です。私が思いもつかなかった斬新なアイデアが飛び交うので私自身もワクワクしてきます。

 

職人は現状に満足することなく、常に上を目指しています。そして、新しい技術に出会うとワクワクして、それが出来るようになりたいと努力を重ね、成長していきます。学ぶって、楽しくて、面白くて、そして素晴らしいことです。

 

今まで出来なかったことが出来るようになった瞬間、成長できたことを感じたとき、人は満面の笑顔でその喜びを表現します。

できない人なんていません。

わからない人なんていません。

だれもが、自分なりのやり方で、学ぶことができるはずです。

 

皆様のご参加を心よりお持ちしております。よろしくお願い致します。

 

株式会社マルイチ 安全対策室 藤原祥雄

 

 

こんな人におすすめです!
  • 集材・集積コストを削減したい。
  • 同じ失敗を繰り返してしまい、叱られてばかりいる。仕事が面白くない。
  • 自分のやり方が正しいかどうか?を検証したい。
  • 仕事を手伝ってくれる仲間づくりをしたい。
  • 大きな現場が増えて、今のやり方では限界を感じる。
マルイチ講習会の特徴

① 技を自分のものにする実習・座学

  • 学んだ知識や技術が確実に自分の技能になるために、実習したことを問題集形式のテキストを使って理解を深めます。
  • 夜の個別指導も対応いたします。
  • 最大6名様の少人数制なので和気あいあい、質問しやすいです。

② 新人教育に適したカリキュラム編成

  • 基本技術から着実にステップアップできるプログラム構成です。
    翌月の開催まで2週間から3週間のスパンがあります。その間は習ったことをご自分の現場で実践していただき、疑問点を持ち寄ってください。
  • 年2回開催により、企業の新入社員採用に対応します。

③ 首都圏コース開設  千葉県市原市&長柄町

  • 遠方から参加いただく方の交通利便性に配慮しました。
  • 成田空港・東京駅から公共交通を使い、2時間です。

④ 10ステップ全行程修了者のOJTトレーニングコース設置(随時開催)

  • ㈱マルイチ現場での実践教育により技術定着を図ります。
  • OJT修了後には即、第一線で活躍していただけます。
  • 技術レベルによりアルバイト代を支給します。

⑤ 今、全コースをお申込みいただけます

  • お仕事の年間スケジュールに合わせて、講習会の参加日を組めるようになりました。
  • 企業の社員研修の経営計画に配慮しました。
  • 各コースとも先着順です。お早めのお申込みをお待ちしております。

まずはご相談ください。株式会社マルイチの藤原まで。
連絡先: 090-7282-3618

お申込みは下記のメールフォームから。

申込み専用メールフォームへ



講習会の内容についてよく頂くご質問

①.レベルが高そうで、内容についていけるか心配なのですが?

  • ご安心ください。誰もが最初は初心者です。個々のスキルに合わせた指導により、ご自身の経験を心配することなくご参加していただけます。昨年のお客様49名様の内、全く登ったことが無いお客様が10名様いらっしゃいました。参加者の皆さんはお互いに学び合い、教え合い、高め合うムード満載です。
  • 受講後も受講生専用face bookを使って、分からなかった点を再確認できます。もちろん無料です。
  • 事前に「何を学ぶのか?ポイントは何か?」の資料を配布しますので、予備知識を持って講座に挑めます。(宿題が出る講座は初めてだ!とびっくりされます)
  • 各講習会の報告書がご覧いただけます。「2019年度の年間スケジュール」の緑字をクリック&タップしてください。

 

②.参加者が多いと順番待ちなどがあり、満足度が気になります。募集定員は何人ですか?

  • お客様は最大6名です。講師が2人つきますので、気兼ねなくご質問できます。

 

③.以前、同じような講習会に参加したのですが全部覚えきれませんでした。消化不良です。

  • お配りするテキスト見ながら、問答形式の復習時間をしっかり取ります。
  • 自宅に帰って「何をどのように復習すればよいのか」が分かるテキストになっています。
  • 夜に、個別の補講も対応致します。

 

④.大変興味があるのですが、参加費がネックです。割引制度はありませんか?

  • 会社員の方は厚生労働省の「人材開発支援助成金」をご利用いただけます。
  • 本講習会に参加されたお客様は特伐用品販売店「アウトドアショップK」様の商品が10%引きで購入できます。

 

⑤.講習会受講後は独立できますか?

  • 早速、地元で特伐のお仕事をされたお客さまもいらっしゃいます。「マルイチの講習会のお陰で上手くできました!」ご報告のお電話を頂くと最高にうれしいです。
  • 独立をお考えの方は是非「稼げる見積もり&営業戦略」にもご参加ください。正しい営業の本質とノウハウをお伝えします。

 

 

 


マルイチ 10ステップ 講習について

できた!嬉しい!

 今までできなかったことが出来るようになるって、うれしいですよね!

技術の裏付けになる「本質」を理解すれば不安が解消され、仕事が楽しくなります。

特殊伐採の基礎力を習得して、仕事場に「笑顔」をつくるのが㈱マルイチ講習会のミッションです!

まずはお電話ください。株式会社マルイチの藤原まで。
連絡先: 090-7282-3618

お申し込みは下記のメールフォームよりお待ちしております。

申込み専用メールフォームへ



 弊社の講習会は「笑顔」になれる現場実践トレーニング方式です。

①から⑩までを順番に受講して頂きますと、基礎から一歩一歩ステップアップする体系立った学びを得ることができる構成(10ステップ講習)となっております。(お好きなテーマを選んで個別受講も可能です。)

【① 稼げる 】稼げるツーリーワーカーになるための見積り&営業戦略

【② ロアリ 】ロアリングプロフェッショナル ポータラップ制動技術を手に入れる
【③ スロー 】スローラインが上手くなりたい

【④ SRT】ステーショナリー・ロープ・テクニックを使って、樹上を駆けめげる
【⑤ 手入れ 】特伐道具の手入れと点検講習会

【⑥ 目立て 】キックバックしないチゼル刃の目立て講習会

【⑦ スパー 】スパークライミング&メンテナンス
【⑧ 樹上ポ 】樹上ポジショニングとカッティング講習会
【⑨ リギデ 】リギングデザイン講習会

【⑩ 3モー 】3モーションリギング講習会

 

 

※クリック&タップで講座内容のレポートがお読み頂けます。

各講習会の参加費は下記のとおりです。

①稼げる 2日間 70,000円(税込)
②ロアリ 2日間 70,000円(税込)

③スロー 1日間 35,000円(税込)

④SRT  2日間 70,000円(税込)

⑤手入れ 1日間 35,000円(税込)

⑥目立て 1日間 35,000円(税込)

⑦スパー 1日間 35,000円(税込) 

⑧樹上ポ 2日間 70,000円(税込)

⑨リギグ 2日間 70,000円(税込)

⑩3モー 3日間 105,000円(税込)

 

*同じコースをお申し込みいただいた場合は、50%割引させていただきます。


*会社員の方は厚生労働省の「人材開発支援助成金」をご利用いただけます。

お申し込み・お問い合わせは、株式会社マルイチの藤原まで。

 連絡先: 090-7282-3618

または以下のメールフォームよりお待ちしております。

申込み専用メールフォームへ



講習内容

1.    稼げるツリーワーカーになるための見積り&営業戦略

2日間

Ÿ   稼ぐとは

Ÿ   お客様に自分を覚えてもらう 自己紹介のシナリオ

Ÿ   学習定着手法 いつ復習すると忘れにくいか

Ÿ   ツリーワーカーに必要なツール

Ÿ   夢を描き、ビジョンをつくる

Ÿ   1000万円稼ぐためのシナリオづくり

Ÿ   営業ネットワークをつくるチャネル

Ÿ   お客様の心をつかむコミュニケーション術

Ÿ   見積積算

Ÿ   現地調査

Ÿ   マーケティング

Ÿ   経営理念

Ÿ   マンパワーネットワーク

Ÿ   エンジニアリング

 

 

2.    ロアリングプロフェッショナル

2日間

Ÿ   ロアリング (Lowering) とは

Ÿ   講座の目的・目標 

Ÿ   ロアリングに必要な知識

Ÿ   上下作業のルール  -ケガをしない。ケガをさせない-

Ÿ   ロアリング作業のときのヒヤリ・ハット

Ÿ   チームコミュニケーションの重要性

Ÿ   グランドワーカーの事故ゼロを目指す

Ÿ   ポータラップのサイズが違うと摩擦抵抗は変わるか?

Ÿ   クライマー揺らさないロアリングのコツ

Ÿ   落下衝撃力を知る  -ロアリングが悪いとなぜ木が揺れるのか?-

Ÿ   落下衝撃力を減少させる

Ÿ   重さ100kgの幹を断幹作業する時、使用道具の必要強度は?

Ÿ   枝・幹重量の計算方法

Ÿ   クライマーが感激するリギングセットの上げ方

Ÿ   ロープは伸びるから強い。伸び切ると弱い

Ÿ   ロープが溶ける原因

Ÿ   リギングロープの点検

 

 

3.    スローラインが上手くなりたい

1日間

Ÿ   仲間をケガさせない

Ÿ   スローラインが飛んでいく理論

Ÿ   投げる時の心構え

Ÿ   どこを狙って飛ばすか

Ÿ   20m以上の飛距離をだす

Ÿ   飛距離の調整方法

Ÿ   アイソレートテクニック

Ÿ   スローラインを枝元に移動させる

Ÿ   枝に絡んだスローラインを回収する

Ÿ   ウエイトが降りてこないトラブルを解消する

Ÿ   枝に挟まったリング&リングを救出する

Ÿ   細いラインと太いラインの違い

Ÿ   ウエイトを絡ませない収納方法

 

 

4.    SRTで樹上を駆け巡る

2日間

Ÿ   ステーショナリーロープテクニックとは

Ÿ   講座の目的・目標

Ÿ   SRTクライミングに必要な知識・技能

Ÿ   登る木の検査

Ÿ   ロープの名称

Ÿ   クライミングロープセッティング

Ÿ   樹上へアクセス -登り方 降り方-

Ÿ   アンカーポイントの移動 -ALT  Alternate Lanyard Technique-

Ÿ   クライミングロープが一番高い所 -エイペックス  Apex-

Ÿ   ポジションを安定させる -リダレクト  Redirect-

Ÿ   樹上を横に移動する -リムウォーク  Limb Walk-

Ÿ   作業姿勢を安定させる -ポジショニング Positioning-

Ÿ   枝先から幹へ戻る 

Ÿ   セルフレスキュー

Ÿ   クライミングロープの回収 -リトリーブ Retrieve-

Ÿ   ロープの点検

 

 

5.    SRTスパークライミング&スパーメンテナンス

1日間

Ÿ   スパーを使った方が良い木と使わない方が良い木の見分け方

Ÿ   講座の目的・目標

Ÿ   スパークライミングに必要な知識・技能

Ÿ   スパー+フットアッセンダー+ロープロケット

Ÿ   スパーを研ぐ   -刺さりやすくてスッと抜ける-

Ÿ   ギャフアウトしない登り方のコツ

Ÿ   スパーアクセスの選択 SRT vs Ddrt

Ÿ   スパーリムウォークのポイント

Ÿ   効率的な降り方

Ÿ   スパーを自分の靴に合わせるフィッテング

Ÿ   スパーのギャフでロープを傷めない

Ÿ   ギャフが刺さりにくい原因

 

 

 

6.    特伐道具の手入れと点検

1日間

Ÿ   これらの道具はまだ使えますか?

Ÿ   検査とは  -ブレない客観的基準なり-

Ÿ   講座の目的・目標

Ÿ   検査に必要な知識

Ÿ   記録に残す -所有者識別・部品識別・個数識別・用途識別-

Ÿ   各器材の洗浄基準・検査基準・修理基準・廃棄基準・補充・保管基準

Ÿ   ロープ繊維の特徴 -耐酸性・耐アルカリ性・耐熱性-

Ÿ   ロープの特性   -伸びるから強い 伸び切ると弱い。 

Ÿ   検査のルールつくり-5W1H

Ÿ   責任       -あなた・会社

 

 

7.    キックバックしないチゼル刃目立て

1日間

Ÿ   我々が求めるチェンソーの切れ味

Ÿ   講座の目的・目標

Ÿ   目立てに必要な技能

Ÿ   刃の形状と名称

Ÿ   切削メカニズム

Ÿ   上刃目立て角は30度でいいのか

Ÿ   横刃目立て角  フック  バックスロープ

Ÿ   上刃切削角(すくい角)

Ÿ   デプス高は0.65mmでいいのか

Ÿ   逃げ角

Ÿ   キックバックはなぜ起きるのか?

Ÿ   刃が引っかかる

Ÿ   狙ったところに刃が入らない

Ÿ   理想とする刃の形

Ÿ   理想の刃をつくるヤスリの動かし方

Ÿ   刃の長さを揃える

Ÿ   デプスの削り方

Ÿ   ヤスリの交換目安 刃の交換目安

 

 

8.    樹上ポジショニング&カッティング

2日間

Ÿ   樹上ポジショニングとは

Ÿ   講座の目的・目標

Ÿ   必要な知識・技能

Ÿ   チェンソーポジショニングの安定

Ÿ   樹上ポジショニングの安定

Ÿ   リギングの吊り角度に合わせて受け口を変える

Ÿ   材の動きに合わせて、切り方を変える

Ÿ   フリーカットで効率アップ

Ÿ   枝を枝元から地面に落とす切り方

Ÿ   真下の構造物を避けるように、枝を右にスイングさせる切り方

Ÿ   枝をスイングさせても真下の構造物をかわせないときの切り方

Ÿ   枝の落下距離を減らす

 

 

9.    リギングデザイン

2日間

Ÿ   リギングで使う専門用語

Ÿ   リギングシステムの紹介8種を使い分ける

Ÿ   講座の目的・目標 

Ÿ   リギングに必要な知識

Ÿ   上下作業のルール  -ケガをしない。ケガをさせない-

Ÿ   リギングシステムづくり

Ÿ   リギングポイント(ブロック)に架かる力の向き 枝が裂ける原因①

Ÿ   力の大きさ

Ÿ   樹木が強い方向   リギングポイント(枝)の強度を上げる①

Ÿ   力の向きを変える  リギングポイント(枝)の強度を上げる②

Ÿ   力の大きさを変える リギングポイント(枝)の強度を上げる③

Ÿ   枝(幹)を効率よく持ち上げる

Ÿ   この枝のつき方は要注意 枝が裂ける原因②

Ÿ   枝・幹重量の計算方法

Ÿ   ロープを痛める原因 曲げ率(Bent Ratio

Ÿ   リギングポイント設置のコツ

Ÿ   リギングポイント設置チャート

Ÿ   リギングに必要なノットをマスターする

Ÿ   手動ウインチの正しい設置方法と操作方法

 

 

10.3モーションリギング

3日間

Ÿ   3モーション リギングとは

Ÿ   講座の目的・目標 

Ÿ   3モーション リギングに必要な知識

Ÿ   上下作業のルール  -ケガをしない。ケガをさせない-

Ÿ   リギング作業のときのヒヤリ・ハット

Ÿ   チームコミュニケーションの重要性

Ÿ   ボディーサイン

Ÿ   グランドワーカーの事故ゼロを目指す

Ÿ   クライマーの事故ゼロを目指す

Ÿ   集材機の正しい設置・操作方法

Ÿ   手動ウインチの正しい設置・操作方法

Ÿ   工事計画立案の重要性

Ÿ   重さ100kgの幹をリフトする時、使用道具の必要強度は?

Ÿ   枝・幹重量の目安

Ÿ   リギングに必要な必須ノット21

Ÿ   クライマーが感激するリギングセットの上げ方

Ÿ   ロープは伸びるから強い。伸び切ると弱い

 

Ÿ   リギングロープの点検


お申込状況

千葉会場

 ▲:残りわずか ×:満席につき募集終了

 講座名 会場

日程

☓①稼げる 千葉

3月25日(月)

3月26日(火)

②ロアリ 千葉

3月27日(水)

3月28日(木)

☓③スロー 千葉 4月6日(土)
満員御礼④SRT 千葉

4月7日(日)

4月8日(月)

⑤手入れ

千葉 4月9日(火)
▲残2名様⑥目立て 千葉 5月11日(土)
▲⑦スパー 千葉 5月12日(日)
▲⑧樹上ポ 千葉

5月13日(月)

5月14日(火)

⑨リギグ 千葉

6月8日(土)

6月9日(日)

⑩3モー 千葉

6月10日(月)

6月11日(火)

6月12日(水)

申込み専用メールフォームへ

長野会場

▲:残りわずか ×:満席につき募集終了

講座名 会場

日程

①稼げる

伊那市

7月13日(土)

7月14日(日)

▲残2名様②ロアリ 伊那市

7月15日(月)

7月16日(火)

満員御礼③スロー 長野市大岡 8月24日(土)

満員御礼④SRT

長野市大岡

8月25日(日)

8月26日(月)

▲残1名様⑤手入れ

長野市大岡 8月27日(火)

満員御礼⑥目立て

伊那市 9月7日(土)
満員御礼⑦スパー 伊那市 9月8日(日)
満員御礼⑧樹上ポ 伊那市

9月9日(月)

9月10日(火)

▲残2名様⑨リギグ 長野市大岡

10月5日(土)

10月6日(日)

▲残3名様⑩3モー 長野市大岡

10月7日(月)

10月8日(火)

10月9日(水)

申込み専用メールフォームへ


 

申込専用メールフォーム【マルイチ2019講習会】

以下の空欄に必要事項ご入力の上、ご送信ください。

届きました内容を確認次第、折り返し担当者(藤原 祥雄)よりご連絡(お電話 090-7282-3618 )させて頂きます。

※ 万が一、3日を過ぎても当方からの返信が無い場合には、メール送信エラーの可能性がございます。その際は誠に恐れ入りますが、お電話にて再度お申込ください。


メモ: * は入力必須項目です



最新の講習会関連情報

幹の落下スピードを操る

ロアリングプロフェッショナル 講習会のご報告

いつもこのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

講習会のご報告がしばらくご無沙汰になってしまい、申し訳ありませんでした。

今日は「ロアリングプロフェッショナル」講習会の様子をアップします。

 

「ロアリング」の言葉も聞きなれないと思いますので、まずはそのご説明から。地球には「重力」が働いています。ロープに吊るした幹は勢いよく地面に向かって落ちていきます。100kgの丸太を地上20mから落下させると、地面に衝突する直前のスピードは時速72km。地面にめり込む衝撃力は1980kgm/s。屋根などの建造物にこの丸太が当たったら、、、この落下衝撃力を減少させていく技術がロアリングになります。英語で書くと(Lowering)。Low (抑える)のing(現在進行形)です。

樹上から重い材を「安全に降ろす」ために、ロープを使ったロアリング技術(落下制動技術)をマスターしましょう!

 

具体的には、筒状になった金属にロープを巻き付け、そこに生まれる「摩擦抵抗力」を利用して落下を制動していきます。言葉では簡単ですが経験者の方はお分かりの通り、このロアリング技術、一筋縄でいきません。

 

落下制動が早いと丸太が幹にぶつかってクライマーが揺れます。

落下制動が遅いと下の建造物を壊してしまいます。

 

したがって丸太の落下直後から制動が始まり、徐々にその制動力が大きくなり、最後には「スーピタッ」、と丸太が止まるのが理想です。

 

この制動技術は

①金属筒にロープを巻く回数と

②ロープの握り具合の

両方がポイントになります。

 

前回の改善点を生かしたいのですが、断幹作業は毎回切り取る丸太の重さが変わってしまうのと、落下距離も短くなるので全く同じ条件で練習できません。残念!

 

そこで、同じ条件で何回も何回も練習できる装置を開発しました!!!

この学習システムに対して特許も習得できました!!!

 

160kgの丸太を使って同じ条件で練習できるので、参加者の皆さんは様々な実験をします。

ポータラップの巻き数を変えてみたり、

FTCのボラードを使ってみたり、

同じ巻き数でもポータラップのサイズを変えてみたり、等

 

ああやったらどうだろう?

こうやってみたら?

 

仮説

その根拠

実験

検証

 

このサイクルを繰り返して参加者同士でアイデアを出し合い、チームの力で答えを導いていく。

その過程を見ている私もワクワクしてきました!!!

回を重ねるごとにみるみる上手になっていき、初心者の方でも2日目の午後には理想的ロワーリング「スーピタッ」を習得していただきました!!!

このブログを読んでくださっている皆さんにも、安全なロアリング技術を習得して、

 

クライマーが揺れない、

グランドワーカーが火傷しない、

構造物を壊さない、

 

こんな安全作業に繋がってほしいです。

次回の講座は7月15日.16日 長野県伊那市にて開催します。只今参加者募集中です!

 

過去の講習会関連情報の一覧 ※クリックで記事展開

特殊伐採・ウッドタワー工法の株式会社マルイチ|新潟・長野・八王子